鞭打苦行のThrasher

翻訳者/ライター/最底辺労働者、待兼音二郎のブログであります

読書

『図書新聞』3351号(5月19日号)をオンラインで買えました

コンビニのマルチコピー機で『図書新聞』が買えたという報告を以前にしましたが、今回はオンラインで購入してみました。 ちなみにコンビニのマルチコピー機で買う方法については、こちらの「業界紙・専門紙 eプリントサービス - e-SHINBUN」をご覧くださいコ…

『図書新聞』3339号を拝読しました

自分は雑誌記事の翻訳やビジネス記事の執筆をしていて、たまにパズることもあり、自惚れてしまうこともあったのですが、最近、気づいてしまったのです。それって、媒体のネームバリューで読んでもらえているだけなのだと。 というのも、『シミルボン』という…

岡和田晃著『世界にあけられた弾痕と、黄昏の原郷――SF・幻想文学・ゲーム論集』を、アトリエサードさまからご恵贈いただきました

気鋭の文藝評論家、岡和田晃さんの著作集第二弾の登場です。 岡和田さんといえば超人的な仕事量で知られていますが、2013年から2017年にかけてのその成果がこの一冊にぎゅっとまとめられています。なによりこの文字の詰まり具合をご覧ください。それが岡和田…

詩集『タエ・恩寵の道行』をご恵贈いただきました

多忙にかまけて報告が遅くなりましたが、林美脉子(はやしみおこ)さんによる表題の詩集をご恵贈いただきました。 書誌情報については、版元である書肆山田の以下のページをご覧ください。タエ・恩寵の道行ぱっと開いて目に飛び込んできた詩句にはっと心を奪…

書籍紹介『シェールガス革命とは何か

脱原発が盛んに言われ、原発が止まっていても(関西電力の大飯原発3号機、4号機は再稼働しましたが)電力は足りているじゃないかという意見がある一方、それというのは古い火力発電所も動かしているからじゃないかという声もあったりします。 新たなエネルギ…

SF Prologue Waveで『エクリプス・フェイズ』のシェアード・ワールド小説企画の第四弾が公開されました

SF Prologue Waveは、日本SF作家クラブ公認ネットマガジンで、実績あるプロ作家によるショートショートやコラムが月二回ペースの更新でアップされ、無料で読むことができます。 その晴れ舞台で、『エクリプス・フェイズ』(Eclipse Phase、以下EP)の設定…

GAME NOVEL「テキサス・ゾンビーズ」を堪能しました!

Vol.93所収のGAME NOVEL「テキサス・ゾンビーズ」(作:友野詳、画:洋武、原案:安田均/川上亮)をやってみました。 同誌Vol.92所収の「デスフロッグ・ダンジョン」とほぼ同じシステムの短編ゲームブックで、パラグラフ数は74。 B級ゾンビ映画のテイスト溢…

iグレイルクエストの紹介記事がダイヤモンド・オンラインに掲載されました

ダイヤモンド・オンラインはダイヤモンド社のビジネス情報サイトです。従来のゲームブック・ファンとはまた違った層に面白さが伝わるように頑張って書きました。 80年代に一大ブームとなったゲームブック/大人向けブラックコメディの傑作がiOSアプリに! そ…

SF Prologue Waveで『エクリプス・フェイズ』のシェアード・ワールド小説企画が始動しました

SF Prologue Waveは、日本SF作家クラブ公認ネットマガジンで、実績あるプロ作家によるショートショートやコラムが月二回ペースの更新でアップされ、無料で読むことができます。 そして今回、その晴れ舞台で表題の企画がスタートしました! 今回の掲載分は…

GAME NOVEL「デスフロッグ・ダンジョン」が傑作すぎる

Role&Roll Vol.91(最新号のひとつ前)掲載のゲームノベルです(監修:安田均、作:秋口ぎぐる、画:洋武)。 ようやくプレイできたのですが、手軽でコンパクトな割に没入度も高く、これは傑作という感想を持ちました。 従来のゲームブックとの違いは、サイ…

雑誌「IMA」に翻訳記事が掲載されました

写真雑誌「IMA」のVol.0がリリースされました。 これは、アマナグループから2012年8月に創刊される季刊誌の創刊準備号になります。創刊準備号とはいいながら200ページ近い誌面に発色のよい写真と濃厚なテキストがいっぱいに詰まった内容で、手に伝わるずっし…

『H・P・ラヴクラフト大事典』が刊行されました

報告が遅れましたが、表題の書籍が翻訳出版されました。『アウトサイダー』からワラケアまで、本文約440ページ、索引や作品リストも含めれば500ページ近くに及ぶ圧巻の大著です。膨大な項目のうち一部の翻訳を、戦鎚傭兵団(岡和田晃・待兼音二郎・東浜秀明…

Game Link第4号に連載「戦鎚傭兵団の手柄話」が掲載されます

またまた大変久しぶりの更新となってしまいました(滝汗)。 さて表題ですが、ボードゲーム情報誌「ゲームリンク」第4号が7/31に発売となります。 今回はなんと、あのライナー・クニツィア氏のミニ・ゲーム3点が付録になっているようですよ! 付録ゲームとい…

GameLink誌第3号に『帝都最後の恋』の書評を書きました

どうも、なかなか更新できなくてすいません(汗)。 5月20日にボードゲーム情報誌「GameLink」の第3号が発売され、我々の連載「戦鎚傭兵団の手柄話」の第2回が掲載されました。Game Link Vol.3出版社/メーカー: Shoot the Moonメディア: おもちゃ&ホビー ク…

『Xの悲劇』新訳〜まるでデジタル・リマスタリング〜

『Xの悲劇』といえばミステリの古典中の古典でして、だれもが名前くらいは知っている作品です。 かくいう自分も中学生のときに読みました。まあ背伸びがしたい年頃ですから。しかし、例えていうならフルサイズ(250cc)のモトクロッサーに素人がおっかなび…

アゲインスト・ジェノサイド:ガンドックゼロ リプレイ

ウォーハンマーRPG翻訳チームでお世話になっている岡和田晃さん初の単著となるリプレイ本を拝読しました。ガンドッグゼロ リプレイ アゲインスト・ジェノサイド (Role&Roll Books) (Role & RollBooks)作者: 岡和田晃,アークライト,狩岡源出版社/メーカー: 新…

星屑のリグレット-メタルヘッドエクストリームリプレイ

TRPGの実プレイに不慣れなわたしは、ルルブやデータブックを読んで妄想をふくらませるというヘタレな行為を日課としています。ゲームはしないがラノベの一種としてリプレイを読むという人もけっこういるようでして、どんなものかと思って自分でも読んでみま…